三笠勉強堂

文具に関する情報を提供する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

文房具

rara
先日NHK TVで、女優の紺野美沙子さんが自著「ラ ラ ラ 親善大使」について語るのを見た。過去10年間、大使として様々な国を訪問し、沢山の子ども達を勇気づけてきたが、カンボジアで出会った12歳の少女の話は考えさせられる。紺野さんが少女にたずねた。「何が楽しみなの。」少女は言った。「お父さんもお母さんも亡くなり、何も楽しいことなどなかった。ただ何か欲しいかと言われれば、文房具が欲しい。」
国情に翻弄され、過酷な運命を生きてきた非力な少女が巨大な世界に一人で立ち向かう。この子の向学心に、日本の子ども達、何を感じ、何を思う。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

行列の出来る店

tako
向かい側に行列の出来るお店が開店しました。鯛焼きとたこ焼き専門店「たいむ」。開店から10日たっても1日中行列が絶えない。薄皮の鯛焼きとモチモチのたこ焼き。こんなにも食べることに人はこだわるものなのかと驚き、文具店では考えられない盛況ぶりに、元気をもらった。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自販機

自販機が進歩している。ラーメン、うどん、プリンにクレープ。おまけに地方の訛りことば、博多弁、津軽弁で、しゃべるという癒し系もある。何でもござれで、全国で400万台。メカになんか負けてられないと商人は愛想を振舞う。「毎度、有り難うございます。」「お足元の悪い中、すいません。」ところが、若いお客さんは、フンでもスンでもない。それもそのはず、耳にイヤホンの大音量。シャカ、シャカ、シャカのお釈迦様。そうかと思うと、品物を出す、お金を出す、お釣りをもらうという一連のお買い物のなかで、ずーっと携帯電話を握り締め、会話ing。目を合せることもなく、お金は頂いたけど、一抹の寂しさが・・・。こんなことなら、いっそのこと自販機に負けない立派なロボットになりたい。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ペン回しに最適なペン、新発売

penn_0001.jpg
昨年7月、日本ペン回し協会が設立された。器用にペンを回す姿は、チアリーディングのデスク版といえそうだ。ペン回しの規則がいくつかある。授業中にやらない。ペン以外は回さない。周囲の安全を確認してから行う。技も多彩で創作アレンジに余念がない。集中力を養うことにもなるのでは。(*^_^*) 1本¥157円。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。